Img_dad398669132b484393189dea925e69b
今回の旅は、灼熱の洗礼を浴びたのがまだ記憶に新しい高砂に泊。灼熱BBQは無しで、翌日淡路周遊へというプラン。
Img_5ba0c543a50c445750571ad1471ce2b4
ふらっと気になる路地へ入って素敵スポットを発見できるのがカブの良いところのひとつ。
この時、お腹がすいている私を無視してふらっと寄り道しまくるダンナはきつく怒られたのだけれど。
Img_032c15fbd7c0507f0af60e1d55131d2c
翌朝。出発の時点で海パン。やる気満々。
Img_e160b3b4a2ff3405f5527cc616883d1b
ジェノバライン。
ナビの目的地セットを間違うという過去百万回繰り返されたトラブルに見舞われるも、出発2分前に無事乗船。
日常茶飯事的トラブルクリア。
Img_b7eceffcb4af1dacbe282cbdd42813ac
「950円で淡路島に渡れるなんて安いなあ」とご満悦。
券売機に一万円入れてお釣り取り忘れてるから実質一万円。
というのは置いといて。
これも日常茶飯事的トラブル内。
Img_3472e3393e87569f7e99b3410617e32a
まだ片道一万円だと知らずにご機嫌。
一万円分楽しみなさい。
Img_71430e02e557c30260c6fb33c3344a71
さて、今回は淡路島西側を散策。東側に比べて車も少なく、落ち着いた街並。
その中に突如現れるキティちゃんの巨大頭部にビックリ。絶対にパターン青。恐くて写真撮れず。
Img_d2457004afb2ec4d659bf3764209ce94
ふらっと寄り道。
Img_247567c5a64b9c50d9c741c3afd70e45
ダンナのカブをどけさせてパチリ。カメラ目線♪
Img_a11b0ef6f62b5d158f082044b7800730
暑さに耐えきれなくなったらザブン。
Img_e4c4934f0c5710b64e2497ded8301e05
帰路。ここまでくればナビの目的地がどこであろうとフェリー乗り場には行ける距離。安心して休憩。
Img_8e09c991466b67ed8a05b171c652d491
バイクは先着8台まで。乗れなかったら「次」「次の次」「今日乗れなかったら翌朝」という係員さんの恐ろしい話を聞きながら待機。乗船感謝。
Img_6d107f28ae945ef18c7614a5b0673517
一日中かぶっているヘルメットにも負けない天パー。
天然パッパラパーではなく天然パーマの略。念のため。
Img_1d9ff70a42837fbaadace5810f8ffbc4
釣り銭取り忘れ。乗り場の係員さんが回収し預かってくれていた。これだから懲りない。
Img_1f75e8c7ef39d3ac4633d5b91ad0dbac
何はともあれ無事終了。2台ともお疲れさま。
また天然パッパラパーともどもよろしくね。